多摩美術大学空手道部

多摩美術大学空手道部WebSite

松濤館流にはこれだけの型があります

審査対象型は当道場の基準によるものです。他の道場、会派では、順序に若干の違いがあります。

審査対象・8級

平安初段

ヘイアンショダン

初心者が習得する一番最初の型です。シンプルな型のため完璧にマスターすることが逆に難しいです。

審査対象・7級

平安二段

ヘイアンニダン

技が増え、いかにも型らしくなってきます。最初の両腕を斜めに上げて受け、腕を交差させて裏突き、鉄槌の連続技が特徴です。

審査対象・6級

平安三段

ヘイアンサンダン

貫手の手首をつかまれた時の腕をねじりながらの脱出法など、護身の技が多く含まれている型です。

審査対象・5級

平安四段

ヘイアンヨンダン

手刀打ちからの前蹴り、裏拳などの連続技が特徴です。相手の首を押さえての膝蹴りなど、実践的な技も含まれています。

審査対象・4級

平安五段

ヘイアンゴダン

平安の型の中で唯一この型だけ飛び技がある型です。三日月蹴り、卍受けなど特徴ある技が含まれています。

鉄騎初段

テッキショダン

旧名「ナイハンチ」。騎馬立ちでの左右の動きしかないのが特徴です。古くから「空手はナイファンチに始まり、ナイファンチに終わる」と言われ、首里手、泊手の系統では、この型をもっとも重視してきました。

審査対象・3級

鉄騎二段

テッキニダン

この型も騎馬立ちでの左右の動きしかないのが特徴です。後ろから抱きつかれた時の対処方法が含まれています。

鉄騎三段

テッキサンダン

この型も騎馬立ちでの左右の動きしかないのが特徴です。相手に捕まられた時の対処方法が含まれています。

審査対象・2級

抜塞大

バッサイダイ

力強さをアピールする型です。ポピュラーな型として知られており、多くのバリエーションがあります。

審査対象・1級

抜塞小

バッサイショウ

対棒術の技が多く含まれています。

審査対象・初段

半月

ハンゲツ

松濤館では唯一の呼吸型です。呼吸型とは太極拳のように、呼吸と合わせてゆっくり演武する型のことです。

観空大

カンクウダイ

クーシャンクーとも呼ばれる松濤館流を代表する型です。最初に両手を重ねて空を仰ぎ見ることから、 観空と名づけられたといいます。

慈恩

ジオン

華麗で流れるような美しい型です。スピード感のあるパートと、力強いパートが交互に出てきます。

十手

ジッテ

蹴技がなく、「山構え」というこの型にしかない構えが含まれています。対棒術の型です。

審査対象・二段

燕飛

エンピ

ひらりひらりと燕の飛ぶように華麗な型です。演武者に跳躍力がないと美しく極りません。

明鏡

メイキョウ

ローハイとも呼ばれる型です。

岩鶴

ガンカク

一本足で立ち蹴りを出す「岩鶴立ち」が特徴です。「岩の上に立つ鶴」を連想させるところから、この名前がついたそうです。

審査対象・三段

観空小

カンクウショウ

2つの飛び技があり、大変俊敏な型です。観空小には、最初に両手を重ねて空を仰ぎ見る動作がありません。

二十四歩

ニジュウシホ

ニーセーシとも呼びます。緩急が重要で演ずるには難しい型です。

五十四歩大

ゴジュウシホダイ

鶏頭受、一本貫手、鷲手打など独特の技が特徴です。

五十四歩小

ゴジュウシホショウ

五十四歩大と非常に似ていますが、こちらの方がメジャーです。

審査対象・四段以降

壮鎮

ソーチン

「壮鎮立ち」が特徴的な、重厚な型です。

雲手

ウンス

技の難易度が高く、高段者向けの型です。

王冠

ワンカン

松濤館の型の中で一番短い型です。

珍手

チンテ

珍しい技で構成されている型です。